2015年10月 1日 (木)

安保法案、本質的議論にならず、捻れたままの日本。

安保関連法案は、数の力を持ってして当然のごとく通過した。国民の大多数が反対であり、不安視しているなかで、国会は自民党も野党も茶番劇を演じたのである。

改めて民主国家とはと考えてしまう。選挙で選ばれた政治家が国を動かしているのだから、仕方ないのかもしれないが、選挙制度も含めて釈然としないと、多くの国民は思っているのではないだろうか。

特に今回問題となったのは集団的自衛権の憲法9条に抵触する違憲論だろう。今迄の我国は集団的自衛権は有していても施行できないということになっていたが、安部内閣は出来ると言い出した。それに対し多くの憲法学者は違憲であると判断している。しろとの私もそう思う。これは、とてつもなく重要な事で為政者の都合で、憲法を勝手に解釈するのは立憲国家の否定である。そこが国民が恐れるところであり、ずるずると戦争に巻き込まれるのではないかと不安視するのである。

断っておくが、私は集団的自衛権の施行を否定しない。ただ今回のやり方(違憲行為)が納得できないのだ。まず、いつだってそうなのだがアメリカの言いなりなのだ。9条は周知のようにアメリカが戦後日本にもたらしたものだが、自衛隊の創設などアメリカの都合で、日本の国防問題は常に歪曲されてきた。

私はの持論は、自国の防衛は先ず自国で守るべきであり、そのうえでの集団的自衛権である。それでこそ独自国家と言えるのだ。当然そのためには憲法を改正しなくてはならない。誤解のないように言っとくが、私は憲法9条は素晴らしいと思っている。世界に誇るべきものだと思うが、現実はというか、人類はまだまだそのレベルではない。戦争の種はつきず、いつ巻き込まれるか予断は許されない。

故に 平和憲法の精神を受け継ぎ、専守防衛に徹しながらの改憲である。そうなれば自衛隊は、堂々と国防軍を名乗ればいい。国を守るのは尊い仕事だから、誇りを持つこともできるだろう。一国の利益のためでは無い、国際的平和秩序も守らなくてはならない。

それには、アメリカからの軍事的独立であり地位協定のような不平等な協定の見直しである。アメリカという国は、建国以来ほとんど戦争をしている国である。是々非々で付き合えなければ、近い将来、我が国も国内テロ事件が起こるだろう。今回それを大変危惧する。

一部のネトウヨが騒ぐように今、中国が攻めて来ることは現実味が無い。そうした不安を煽ったり、それに乗じて強引とも言えるかたちで、アメリカ様の言いなりで事を運ぶ政府が信用出来ないのだ。チラチラと戦争屋(武器商人)の影が見えるのも不気味だ。

今回の騒動も、本質的な防衛問題切り込まず、捻れたままの解釈になってしまったことを残念に思う。これは野党の責任でもある。さいそう国民的な議論が必要である。

立憲主義、独立国家として、そして正しい民主主義を実行する国、日本でありたいと願うは多くの国民の希求するところだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

滋賀県知事、嘉田由紀子氏が顔。

前回のブログで、小沢一郎グループに選挙の顔がないので、冗談半分で細野剛志を引き抜いて顔にしたらどうかと書いたが、見事に外れた。そりゃそうだな、あざと過ぎるもんな(笑)

というわけ、でどうやら滋賀県知事の嘉田由紀子氏がこのグループの顔になりそうだ。オザワンは得意の潜水艦で深く潜行し、「脱原発」でまとめあげようということだろう。異議なしです。

みどりの風の党などもあり、あとは女性パワーが炸裂するかどうか、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

選挙に魅力ある人物がいない。

第3極とマスコミは騒ぐが、私にすれば、第1も第2もなく、自民党と現在の民主党は消費増税、官僚制度の改革先送り、財界重視の政策と、ほとんど変わらない既成政党グループである。それに対して、異を唱える新興勢力が、小規模ながら多数輩出してきたのだ。

維新の会と太陽の党はほとんど政策は異なるにもかかわらず”野合”したのは、この国の制度を改革しよう、官僚主義を打開していくとゆうことらしい。確かに硬直化したこの国の制度を改革していくことは大切だが、傲慢不遜弱者切捨て自我肥大の右巻きの二人に、この国の舵取りは任せたくないと思うのだ。

一方、既成政党とは政策が明らかに異なるグループがある。消費増税反対、TTP不参加、脱原発のグループである。小沢一郎の国民生活党や大地の党、緑の風etcだ。多分これらの党は、選挙後に淘汰合併されてひとつの勢力を形成していくだろう。私はこのグループにシンパシーを感じるが、残念なことに顔になる魅力のある人物がいないということだ。

半分冗談唐突だが、細野剛志あたりを小沢氏が民主党から引き抜いて選挙の顔にしたらどうかと思うのは私だけかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

やっとなのか、突然なのか衆議院解散選挙。

やっと解散なのか、突然解散なのか、よく解らない衆議院解散総選挙である。いずれにしても国民不在、置いてきぼり感はいなめない。

私としては、この次期に政治空白を作り、震災のことも中途半端で多額の税金を使い選挙をすることに違和感をおぼえる。自民党に尻をたたかれ、民主党の内部崩壊も進み、せめて党首討論で逆攻勢をかけるため解散に打って出たのだろうと思われる。

既成政党がだめなら、第三極だとマスコミはあおり、石原元都知事やら橋本大阪市長を盛んにとりあげるが、なんだか腰が据わっていないワイドショウをみているようだ。

政治家があたふたしている様子を見ているのはなんだか悲しい気分だし、アホらしくもなる。

ほんとに、信頼にたるこの国の未来を描ける政治家はいないのだろうか?しばらくは離合衆参を繰り返すだろう。パーシャル連合をしながら、そしてまた二大政党に落ち着くのか・・・

誰かがブログで語っていたけれど、壊れるならとことん壊れた方がこの国のためだと言っていた、その通りかもしれないと思う今日この頃だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

党首選に思うこと

このところ、政界では党首選があったり、維新の会の国政進出がありで、私もそれなりに関心を持っている。

特に自民党の党首選は、次の首相になれる可能性が大きいので注目すべきなのだが、自民党そのものにうんざりしているので、顔ぶれを見ても「なんだかなぁ~」っといった気分である。谷垣総裁が辞退したのは、自民党のボスたちの圧力があったようで、確かに首相になる器ではない。政治家としての重みと言うかカリスマ性がないですからね。代りに石原伸晃が立候補したが、嫌ですよね。父親が東京都の知事。かり伸晃が首相になったら、右翼チックな親子が日本の政界を乗っ取っているようで、危ないですよね。

自民党は、ボスたちが元気なうちは利権政治は変わらないですよね。翻って民主党はどうでしょう。野田総理続投とマスコミは言っていますが、他の候補の顔ぶれを見ればそうだろうなと思わざるを得ない。「近いうちに」の総選挙は、谷垣氏が降りたことでなくなったと考えてもいいでしょう。なにせ、民主党は負けることになっているので選挙なんてやりたくないと思っていますから、少しでも時間をかせぎ、その間に支持率をあげたいわけですから。原発を30年代に0パーセントにするとか言い出しているのは、受け狙いと言われていますが、本来の民主党らしさをだしてくれれば、それはそれでいいと思いますよ。

やはり既成政党が、少しばかり活気ずいているのは維新の会の影響があり、危機感を感じているのでしょう。私は、維新の会や橋下大阪市長については、わりと醒めてみていますが、しかし、今この時期に大変重要な存在だとも考えます。日本はこの先、変わらなければやっていけないと思うし、それを牽引していくのは若いパワーだと思うので、おおいに暴れてほしいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

領土問題は「ある」か「ない」か。

尖閣諸島、魚釣り島に上陸した香港活動家は、送検せずに恒例どうり強制送還になったようだ。その判断が、正しいのかどうか素人の私には判らないが、不法上陸した5人と不法入国した9人は分けて考えた方がいいと言う意見があるが、それには賛成である。

わが国の海域に入った者と、上陸した者では当然措置が異なっていいはずだ。自分の家の庭に入ってきたのと、家の中に入ってきたぐらい違いがあるので、当然上陸したものの措置は重くしなくてはならないと思う。

領土問題について、私は素人意見ながら、限りなく解決不可能な問題だと思っている。

だからと言って、なにもしなければ実行支配している国のものになり、それこそ領土問題は存在しなくなる。そういう意味でも、北方領土については、明らかに戦前までは日本の領土だったのでロシアに常に返還することをアピールしなければならないだろう。(北方領土がなぜ返還されないのかは、以前ブログに書いた)

竹島は韓国が実行支配しているので今回の李明博韓国大統領の行為に対して、国際裁判に提訴するのは正しい判断だろうと思う。というのは、尖閣については領土問題は「ない」としたほうがいいし、竹島のついては「ある」と国際社会にアピールすべきだと思う。それはどちらが実行支配しているのかの違いと同時に、その国と現在どのような付き合い方をしているのかで判断が変わってくる。

取られた領土が返還されるのは、沖縄のようにアメリカの基地を日本が許可する、莫大な金で買い戻す、そのうえで友好関係を持続させるなどの条件がそろったからである。

領土問題は、単なるヒステリックなナショナリズムにおちいることなく、国益を考えた上で、攻めになるか、守りに入るか高度な政治判断が必要であると思うが、現在の日本の政治家はいささか心もとなく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

小沢新党立ち上げ!!

小沢氏がまたまた動き出した。日本の政界はやはり小沢氏を中心に動いている。

不謹慎な言い方になるが、かつてのプロレス界のアントニオ猪木氏のようで、彼から目が離せない。常に話題を提供してくれる。面白い人だ。

私は、以前は小沢氏を好きではなかったが、それはマスコミが造ったイメージに乗ってしまって(あの顔だからなお更だ(笑))、彼のことをよく知らなかったからだ。それが変化したのは、彼の著書「日本改造計画」を読んでからで、すべてを肯定するわけではないが、概ね私の考えと一致するところが多々あったからだ。

そうした視点からから彼を見直すと、彼は大変な理想主義者であることがわかった。ゆえに、既存の利権集団は彼を恐れ、世間にダーティーイメージを広めるが、彼が凄いのは、理想主義は現実の前に敗れてしまうのが常なのに、今だ健在であることだ。一方でそれだけ政治家としてしたたかであるということだろう。

例によってマスコミは、新党立ち上げに関してひややかで、国民の小沢新党に対しての期待度は1.7パーセントぐらいしかないと報道しているが、では民主や自民党に対してどれほどの期待度があるのかと思う。

国民は日本の政治にうんざりしている。それは、政治哲学も信念もなく離合集散し、決めることも決まらない「ねじれ」をつくり、それでも権力に執着する醜い姿を目の当たりにされているからだ。

消費増税反対、原発推進反対!!おおいに結構だ。ついでと言ったらまずいが、オスプレイ沖縄配備も反対して、くだらない政治をぶっ壊してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

日本はTTPに参加してしまうだろう。

しばらくブログから遠ざかっていた。いろいろ書きたいこと(娘、鈴木砂羽の結婚など)もあったが、なんとなくパソコンに向かう気になれなかった。

日々をやり過ごしていたら、早いものでもう11月、2ヶ月もしないうちに次の年が来てしまう。光陰矢のごとしである。大震災からも早8ヶ月が過ぎようとしている・・・

私の今の関心事のひとつは、日本のこれからの方向性を決めかねないTTP(環太平洋経済連携協定)である。政府としては参加のテーブルにつくつもりのようだが、政府内においても反対する者もいて、綱引き状態がつずいているが、今月初旬には決めなくてはならないようだ。

このTTPなるものがなぜ問題なのかといえば、今後の日本の経済活動のスキームを大きく変えざるを得なくなり、それだけに止まらず世界の政治にも大きな影響をもたらすことになるだろう。つまり、ヨーロッパのEU圏、ロシアを中心とした元ソビエト圏の再編、それに中東圏など各ブロックができつつあり、アメリカは自国の経済的行き詰まり状態を打開するため、成長いちじるしい亜細亜を巻き込む形で環太平洋経済圏を構築しようとしているのだ。ここで問題なのは、何故中国がはずされているのかである。そこが政治的なのである。

日本国内においてTTPについては、製造業は少しは有利になるだろうし、農業は当然打撃をうけるだろう。だが、全体としてのメリット、デメリットがよく見えない状態なので揺れている。

だが、本質は損得だけの問題ではなく、TTP参加、不参加はアメリカ流グローバリズムを受け入れるのか、受け入れないのか、であると思う。もっと簡単に言おう。アメリカの利益のために日本は協力し、国内の産業構造を変えるつもりなのか(痛みを伴っても)か撥ね付けるのかである。

多分日本は、カナダほど強固な意志とパワーがないので、一部から売国奴と言われようと、しぶしぶ参加することになるだろう。その場合対外的には中国との関係どうするのか微妙である。そして国内の農産業をどう強化するのか、また医療体制はどうすればいいのか。小泉時代のように規制緩和し、結果、格差社会をもたらしたが、今度はへたをすれば国を潰しかねない大問題である。

私としては賛成も反対も決めかねるが、あえて本音を言わせてもらえば、アメリカングローバリズムなんて信用できねぇ!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

言葉狩り。鉢呂氏「死の町」発言で辞任。

まったくくだらないことが起こっている。視察をしてきた大臣が「死の町のようだった」と言って経産大臣を辞めざるをえなくなった。

死の町、つまりゴーストタウンのどこが悪いのだ。私には解らない。住民の感情を逆撫でしたというが、住民こそその事実を一番よく知っているはずだ。

彼は事実を言ったまでだ。大臣はウソでも良いから希望をあたえる事を言わなければならないのか。半減期の長いセシュウム137が降り積もっているのだ。容易に住める所ではない。

そんなことになったのは誰のせいなのか。強引に原発を推し進めた自民党の利権政治だろ。

つまり、自分たち(政治家)が推し進めてきたことの失敗を認めた発言をした奴を、このまま大臣にしたくないということだろう。また、鉢呂氏は大臣ではじめて原発をゼロにすると踏み込んだ発言をしている。それに対して産経、読売新聞などの原発推進派はここぞとばかりに叩いたのだろう。

また、「放射能付けた」発言の真意など問題外だ。どうでもいいような小学校のクラス委員会のようなことを、針小棒大にとりあげるマスコミ。ひとの揚げ足取りをやって、潰しにかかる記者たち。もう末期症状としか思えない。こんな言葉狩りをしていたら、有能かもしれない人たちが消え、可も無く不可も無い政治家ばかりになってしまい、挙句の果ては、悪徳利権の官僚や利益集団の手先みたいな奴ばかりになってしまうのがオチだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

終戦、「資源少国日本」というコンプレックス。

八月に入ると終戦記念日があり、なにかとTVでは戦争ものの番組が企画され、先日も「硫黄島から絵の手紙」(クリント イースドウッド監督、渡辺謙主演)の映画を放映していた。

それを観た母(89歳)は「戦争なんてしょせん人殺しだよね、なんで(日本は)戦争をやってしまったんだろうネ」と呟いていた。

私はその問いに明確な答えをだせる自信はないけれど、ひとつには日本に驕りがあったのではないかと思う。作家の司馬遼太郎氏も言っていたが、日露戦争で勝利したことで、日本人は妙な大国意識を持ってしまったのではないのかと。私も同感である。はじめから勝ち目の無い戦いをしてしまったのは、その驕りと日本人のもつ精神主義が結びついてしまった結果だと思う。

いまひとつ先の大戦で日本が誤ったことは、世界の動きを読み違いをしていたことだと思う。すでに帝国主義や植民地支配の戦いを終焉させねばならないと、イギリス、アメリカ、ロシアなどの西欧主要国は考え始めていたにもかかわらず、帝国主義まっしぐらの日本は時代からずれはじめ孤立していったのだと思う。

ではなぜ日本は帝国主義に固執したのか、それは「資源少国日本」というコンプレックスにあると考えられる。資源確保こそ大国日本でありつずけられるという幻想、それゆえの植民地確保である。時代は石炭から石油の時代に移行しつつあっただろうし、鉄鉱石などの重工業など重要視されていた。それら資源のない日本としては西欧列強に打ち勝つためにも必要不可欠と考えたのだろう。しかしその幻想は、原爆2発によってもろくも崩れ去り敗戦に追いやられた。

戦後、日本は経済大国を目指し一応の成果をだしたが、「資源少国」コンプレックスは抜けがたく、エネルギーにおいて供給安定と効率の良い?「原子力」に飛びついた。

アメリカが、戦後世界の大国としてのし上がったのはまちがいなく「石油資本」であるが、その石油を凌ぐ次期エネルギーとみなされたのが原子力、それは日本においては「夢のエネルギー」であったのだろう。だからリスクもかえりみず狭い日本に54基もの原発を作ってしまった。

だが周知のとおり、大惨事を起こしてしまった。チェルノブイリの事故はロシアの広大な土地の中だが、狭い日本の国土に、住めなくなる土地ができたことは、大変なオウンゴールだ。またしても戦いに敗れ、領地の一部を失ってしまったかのようだ。それも、これも「資源少国日本」というコンプレックスがあったためではないかと考える。

原発推進派の連中は今もそのコンプレックスに捉われているように思う。我々日本人はこのコンプレックスから解放されないかぎり、またぞろ誤った道を歩みかねないと危惧するのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧