2013年7月 2日 (火)

つれずれなるままに

久しぶり。つれずれなるままに文をしたためてみましょう。 iPadminiを買いました。この文章もそれでやっています。なんだか生活が少し変わってきたような気がします。今風に云えばモバイル生活ですか。いつも持ち歩いています。別に大した用もないのですが、jazzが好きなので、車の中で流しています。もちろん、家の中でもです。 時々、電子書籍などもベッドの上で読んだりもしています。喫茶店で、珈琲など飲みながらメールやラインなどもします。面倒臭かったSNSも再開し、ツッイターも始めました。でも・・・やっぱり面倒臭い^_^ どうですか? 今流行りの モバイル生活でしょ。。。なのに何か不安なのです。何かが欠落しているような。 とても便利です。欲しい物はネットですぐ買えてしまうし、行きたいところはナビゲーターしてくれるし、知りたい情報や知識は検索エンジンですぐ知るこたができる。でも何かが足らないのは、多分手に入れるまでのプロセスがないからでしょうか? 生きていることは、時に結果を得ることよりそのプロセスの方がより重要なこともあると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

個展のお知らせです。

 久しぶりのブログ、久しぶりの個展です。“FLOATING WHITE”シリーズから3年ぶりかな。

愛知県豊橋市のアートエイジギャラリーで、4月15日(月)~29日(月)、時間は10時より6時まで(最終日は5時)無休です。

今度のタイトルは“WHITE FIELD”です。なんかホワイトに拘っているようですが・・・今回はかなり拘っています。

日本の絵画を考えていくと、ホワイトはかなり重要な意味を持っています。日本人の美意識に欠かせない白という”色” 西洋では白や黒はカラーではありませんが、日本人は白色です。

祝い事の紅白や葬儀の白黒、日本の国旗等など白は、日本人の“線”と同じようにDNAに沁みこんでいる感覚だと思うのです。

「余白」と言う言葉がありますが、それは決して余っている白ではなく、「間」にも通底するようなフィールドなのです。その余白を色面と等価としてとらえ、絵画を試みました。

よかったら、いらっしゃってください。私は日曜、祭日はいると思います。

尚、今月の21-24日は「第35回日本美術の輸出展2013 IN NEW YORK」に30号ほどの作品を出品しています。ニューヨークはちょっと行けませんね(笑)

004_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

久能山東照宮へ行ってきた。

昨日(1月6日) 久能山東照宮へ行ってきた。何処か御参りに行きたいと思っていて、突然、久能山東照宮が浮かんできた。というのは以前、TVで東照宮の社殿を何年かぶりで塗り替え、極彩色が大変美しいというニュースかドキュメンタリーを見たのを思いだしたからだ。

決して信心深いほうではないが、天気にも恵まれたせいか御参りは気持ちのいいものだった。

私は、日本の神社仏閣は侘び寂びのある渋いものがいいと何故か思っていたのだが、極彩色の煌びやかな神殿もいいものだなと東照宮を見て思った。タイのお寺なども金色を使った極彩色だけれど、やはり東照宮の色彩は、日本の美意識を感じさせるもので宗達の大和絵を思わせ、かっこいいなと感じ入った。

ところで、本殿までいく石段があり相当急坂で、1159段ありいっきには到底登れない。途中で休みながら呼吸を整え、登ったが、果たして10年後はこのような石段を登れるだろうかと思い、普段から身体を鍛えなければいけないなと内心思った(笑)ちなみに、1156段はいちいちご苦労さんというらしい。

Img_20130106_194043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

いつ治るのか分らない左肩と日本の政治。

この年末にきて体調が最悪である。というのも、1年ほど前にやっと右肩の五十肩が治ったのに、今年の10月に今度は律儀に左肩の五十肩を発症した。

命取りにはならないとはいえ、この辛さは経験者でないとわからない。とくに夜間痛といわれる夜中、または朝方の痛みは強烈で、眠っていても痛みでたたき起こされる。したがってまともに睡眠がとれなくなり、睡眠不足のため疲れが取れず日中は何もできなくなってしまう。

それだけではなく、とにかく肩から背中、腕が痛み重く、少しでも腕の稼動域を超えると激痛が走る。精神的にもヘトヘトになってしまうのだ。

治すてだてはない。ただ治るのを待つだけである。右肩で経験しているので言えるのだ。私の左肩の今の状態は、インナーマッスルや腱が炎症を起こしているようだ。その炎症がいつ消えるのか・・・それまでは冷やしたり、暖めたり、揉んだり、ストレッチしたりして今の状態より悪くならないよう気を付けなければならない。

今の状態といえば、病んでいる私の身体と同じように、日本の政治も病んでいる。自民党が圧勝だって?笑わせないでほしい。自民党への投票率は前回の選挙より下回っているのだ。民主党のオウンゴールで勝たせてもらっているわけだ。そして前回民主党に入れた票は乱立する新政党に流れたわけだ。小選挙区制の魔力ともいえる。それにしても、脱原発や卒原発がうやむやになりそうで危うい。議員の定数削減も、違憲である一票の格差も何処へいったのやらである。

この選挙結果は、国民はとうざの安定を求めたと言うところか。安部総裁は、右巻きの爪を隠して暫らくは(次の参議院選までは)経済復興を旗印に、突っ走ると思うが誰もその結果はわからない。私の左肩がいつ治るか分らないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

FMハローにラジオ出演します!

9月28日PM12;30~15分間です。アート・ルネッサンス・イン・浜松の宣伝です。昨年もやっていますが、慣れないことなので緊張します。

どうもスロースターターなので最初もたつくのですが、後半テンションがあがりそのくらいが調度いいそうなので、今回は始めからテンションをあげていきたいと思いますが、さてさてうまくいくのでしょうか、心配です。よかったら、聴いてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

ブログ、再開!!

 長らくお休みしていたブログを再開します。また日々の雑談になりますが、お付き合いよろしくです。

 さっそくですが、今年もアートルネッサンスをやります(9・28~10・2)資金不足のため野外イベントの音楽や舞踏は、やりません(残念!)が、街中はもちろん、空き店舗を利用したり、鴨江別館を使ったり、そうそう、Kミックスのホールを使って「アート・バトル」もやりますよ。

 たいがい同じようなメンバーですが、毎年新しいアーティストも参加し、ワークショップなどもあり、楽しいイベントとして定着していきたいと思っています。

 コンセプトも最初は街中の活性化に重点を置いていたのですが、今は街中にこだわらず、面白い作品や、優れた作品を発表したい作家の発表の「場」ずくりを重点に考えています。

 現在、宣材のポスター、チラシ、DM製作。作家の発表の場所選定など忙しくなってきました。

 アートルネッサンスに参加希望したい場合(作家、スタッフ)は、浜松市美術館に窓口がありますので、そちらに連絡してみてください。

                                   よろしくです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

暫らく お休み

 

 申し訳ありませんが、暫らくお休みさせていただきます

 近いうちにリニューアルするつもりなのでそのときは

 よろしくです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

元旦 「ただ毎日の無事を祈るだけ」

 明けましておめでとうございます。

2012年の始まりです。それにしても、先は本当に何が起こるのかわかりません。昨年は3.11の大震災。その後の原発騒ぎ、そしてそれは今もつずき、再生をかけもがいています。

日本は変わろうとしています。いや、変わらなくてはいけないのです。かのダーウィンは言いました「強いものや、頭の良いものが生き残れるのではなく、変化するものだけが生き残れるのだ」と。

高度成長の神話はとっくに崩れているにもかかわらず、尚、それにしがみついている輩や税金を食い潰している利権官僚を排除しつつ、慎重に脱皮しなくてはいけない。今、日本は多くの課題をクリヤーしなけばいけない困難を抱えています。それを頼りない政府だけに押し付けるのだけではなく、有権者である我々こそ危機意識をもたなくては、何も変わらないでしょう。

多分、今年の3月ないし6月頃大きな選挙があると思います。その後、さらなる混沌がつずくでしょう。それでも前進していかなければなりません。その際、一人、一人がその先にこの国をどんな国にしたいのか、イメージをもつのかが大切です。それが大きなうねりになり、ひとつの結果を生むことでしょう。それが国民の選択の結果であるなら「みなが幸いな日本」であってほしいものです。

私は、今年の抱負はなにもありません。ただ毎日の”無事”を祈るだけです。”無事”とは何も無いことではありません。常に変転するのが世の常です。だからこそ変わるなら少しでもよい方向へと、そして悪い事のないよう祈るわけです。

                                                  合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

フッと、自分の存在を確かめたくなります。

111122_124730

久しぶりのブログです。深秋の街中、信号待ちの時、横断歩道の白線の美しさに目がとまり思わず携帯カメラで撮りました。別にどうという写真ではないけれど、日常というものはなにげなく流れて行ってしまうものなので、フッと立ち止まって自分の存在を確かめたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

今年のアートルネッサンスは。

 今年でアートルネッサンスは第3回になりました。市政100周年ということで100万円いただき、資金繰りはなんとかなりそうです。(毎年資金繰りで大変です)

今年はビッグな飛び入りがありまして、それはD-Kライブ(デジタル掛け軸)です。まあ、分かりやすくいうとCGを使って建築物にカラフルな光をあて、幻想的に演出してしまおうということです。作家は長谷川章氏で、ギリシャのアクロポリスや岡本太郎氏の太陽の塔などパフォーマンスは日本を含め世界150カ国におよぶそうで、今回は浜松城を使ってライブをしてくれる予定です。これはなかなか見ものですよ!しかも無料です!!(9月23日午後6時開演)

他にはビオラ田町F1は本部になるのですが、そこで面白いグループ展があります(実は私も参加しています)平面作品から彫刻、絵画、インスタレーション、映像、キネティクアート、子供たちのワークショップ作品など様々な表現スタイルの作品に出会えます。これもお楽しみです!

半年前に大震災があり、いろいろな意味で日本はまだ余震がつずいていますが、直接震災を受けていない我々がやれることは、今までどおり、いやそれ以上に自分の生活のあり方を考えることだと思います。そのなかで「節約」もいいでしょう、「ボランティア」も必要でしょう。また我々のように「文化運動」に力を使うのもアリだと思います。そしてなによりもそれらを楽しむことが大切な気がします。一方で震災を受け、頑張っている人たちがいることを忘れないためにも、我々一人々ができる事をやることで少しずつ日本が立ち直っていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧