« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月25日 (木)

大局的な視点こそ大切

  先日(7・21)参議院選があり、前日まで私は選挙に行こうとしていた。しかし、はたと気が付いたことがあり、結局、棄権してしまった。投票したい政党なり、人物がいなかったのだ。マスコミの選挙行こうキャンペーンや、一般の大人の常識として選挙には行くべきだと何となく考えていた自分がいた。  私の選択は正しかったと思う。棄権する選択肢も国民の意思の表れであると考える。それは、政治家や政治に対する不信表明である。現に今回の投票率の低さにそれが表れているのではないか。  大方の予想どおり自民党圧勝である。「捻じれ、捻じれ」と安部総理が呪文のようにとなえれば、何だか捻じれはいけないことのように思えてくるのが不思議だ。じゃぁ、なんのための参議院だということになる。経済を立て直すアベノミクスだ、という幻想に踊らされて、もっと大事な事を忘れて投票していいる国民。かつて経済は一流(すでに一流ではないが)政治は三流といわれていたが、相も変わらず三流です。  この国の政治を嘆いているのではない。そうした政治を成り立たせている国民の政治意識が三流なのだ。  経済、確かにそれも大切だろう。だが、既に日本は、充分な豊かさを手に入れているではないか。それより原発による様々な被害、被爆の現状と対応。はたまた憲法改正問題。この国を戦争のできる国にしてよいのだろうか?  それにしてもマスコミの劣化はひどい。権力とスポンサーには平身低頭。当然といえば当然だが、有能なジャーナリストはTVから干され、反権力的な言動をする人間は、スルー、又はバッシング(山本太郎さんが心配です) 我々は何を信じどうするべきかの指針を失って、ただただその時の時流に踊らされている。  今の時代、日本国としてどうあるべきか?将来、日本はどんな国にしたいのか?という大局的な視点こそ大切であると思う今日この頃です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

つれずれなるままに

久しぶり。つれずれなるままに文をしたためてみましょう。 iPadminiを買いました。この文章もそれでやっています。なんだか生活が少し変わってきたような気がします。今風に云えばモバイル生活ですか。いつも持ち歩いています。別に大した用もないのですが、jazzが好きなので、車の中で流しています。もちろん、家の中でもです。 時々、電子書籍などもベッドの上で読んだりもしています。喫茶店で、珈琲など飲みながらメールやラインなどもします。面倒臭かったSNSも再開し、ツッイターも始めました。でも・・・やっぱり面倒臭い^_^ どうですか? 今流行りの モバイル生活でしょ。。。なのに何か不安なのです。何かが欠落しているような。 とても便利です。欲しい物はネットですぐ買えてしまうし、行きたいところはナビゲーターしてくれるし、知りたい情報や知識は検索エンジンですぐ知るこたができる。でも何かが足らないのは、多分手に入れるまでのプロセスがないからでしょうか? 生きていることは、時に結果を得ることよりそのプロセスの方がより重要なこともあると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »