« やっとなのか、突然なのか衆議院解散選挙。 | トップページ | 滋賀県知事、嘉田由紀子氏が顔。 »

2012年11月20日 (火)

選挙に魅力ある人物がいない。

第3極とマスコミは騒ぐが、私にすれば、第1も第2もなく、自民党と現在の民主党は消費増税、官僚制度の改革先送り、財界重視の政策と、ほとんど変わらない既成政党グループである。それに対して、異を唱える新興勢力が、小規模ながら多数輩出してきたのだ。

維新の会と太陽の党はほとんど政策は異なるにもかかわらず”野合”したのは、この国の制度を改革しよう、官僚主義を打開していくとゆうことらしい。確かに硬直化したこの国の制度を改革していくことは大切だが、傲慢不遜弱者切捨て自我肥大の右巻きの二人に、この国の舵取りは任せたくないと思うのだ。

一方、既成政党とは政策が明らかに異なるグループがある。消費増税反対、TTP不参加、脱原発のグループである。小沢一郎の国民生活党や大地の党、緑の風etcだ。多分これらの党は、選挙後に淘汰合併されてひとつの勢力を形成していくだろう。私はこのグループにシンパシーを感じるが、残念なことに顔になる魅力のある人物がいないということだ。

半分冗談唐突だが、細野剛志あたりを小沢氏が民主党から引き抜いて選挙の顔にしたらどうかと思うのは私だけかな(笑)

|

« やっとなのか、突然なのか衆議院解散選挙。 | トップページ | 滋賀県知事、嘉田由紀子氏が顔。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙に魅力ある人物がいない。:

« やっとなのか、突然なのか衆議院解散選挙。 | トップページ | 滋賀県知事、嘉田由紀子氏が顔。 »